医療求人における歯科では、主に歯科医、歯科衛生士、歯科助手が挙げられ、需要は高いと思うが問題もある。

医療求人における歯科について
医療求人における歯科について

医療求人における歯科について

医療求人として歯科の場合を見てみると、大きく分けて3つあると思います。それはまず歯科医です。こちらは大学を卒業して国家資格を取得をしなければなりません。そしていきなり開業する場合もあるようですが、ある程度修行を積んでからのほうが望ましいと思います。それはみなさんも経験したことがあるかもしれませんが、歯科医には技術の差がはっきり出ると思います。インプラントなどで問題になっているのは、技術の浅い歯科医の場合が多いようです。2番目の求人としては歯科衛生士です。これは後で述べる歯科助手とともに、求人をよく見かけます。これには専門学校などを卒業して国家資格を取得しなければなりません。不思議なことに歯科医は男性が多いのですが歯科衛生士の男性は私はまだ見たことはありません。歯の治療において、歯科医師に変わって、口の中を掃除したり借りの詰め物を入れたり、とにかく患者
の口の中に器具を入れることが制限がありますができるのが歯科衛生士で、歯科助手の場合は機材を手渡すことはできますが、患者の口のなかへの治療には関われません。そこが大きな違いだと思います。最後が先ほどから述べている歯科助手でこちらは、民間の資格はありますが国家資格はありません。また専門学校もありますが、通信教育で勉強する人も多いようです。またアシスタントとしての働きが多いので、受付や備品管理、掃除などをする場合も多いようです。この3つの求人の場合、歯科衛生士の求人は特に高いと思います。また歯科助手も先ほども述べたようにアシスタント的要素が高いですから、便利にあれこれ使われるようですが、そのことがトラブルの原因になっている場合もあるそうです。やはり、就職する時に、自分のやるべき仕事をしっかり決めてもらっておいて、相互に納得してから仕事につくのがベストのようです。また、これらの歯科衛生と助手の仕事の求人は多いと思いますが、現在、歯科医の多くが経営難になっているとも聞きますので、これからは就職も厳しくなっていくかもしれません。